事業計画書作成代行 OPEN for

新規開業融資、銀行融資、事業計画書の書き方支援を格安にて対応

事業計画書の作成はなぜプロに依頼した方がいいのか?

自分の事業を加速させるために資金調達をしたい、これから創業するのにまとまった開業資金が必要だ、新しい事業をスタートさせるために融資を受けたい、キャッシュフローが逼迫されていて急ぎで現金が欲しい…

おおよそ、資金調達のために事業計画書を作成しようと考えている方は上記のような理由に当てはまるのではないでしょうか?このページをご覧になっているあなたも同じではないでしょうか?
あなたの会社がもし業績がとても好調で、金融機関の方から「是非当行から融資を受けてください!」と言われているのであれば問題は無いでしょう。もしくは、懇意にしている銀行なり信用金庫なりの金融機関がいるのであればそれほど難しいことではないかもしれません。

しかし、実際はそこまで都合がいいことはありませんよね。
また金融機関というものは非常に無慈悲なもので、業績が悪化している企業に対しては融資を渋ることがしばしばあります。それから初めてお取引をする方に対しては厳しい審査があることがほとんどです。そしてその際に最も重要になる書類が「事業計画書」です。事業計画書は金融機関からの融資の時だけでなく、補助金や助成金の提出書類、投資家への資料などにも必要になってきます。

では、事業計画書の書き方を知っていますか?

事業計画書には金融機関の担当者が必要な情報、投資家が求める情報、などを盛り込んだ上でビジネスモデルの説明や会計の知識を活かした損益計画を作成していかなければいけません。今まで事業計画書を作ったことが無い人にとってはそれこそ未知のものかもしれません。
もちろん、ご自身で作成することも可能ですが、やはり専門知識を持ったプロのコンサルタントに依頼した方が格段に成功率は高いです。これだけ専門性の高い資料を作るにはそれ相応のノウハウが必要になりますし、なにより膨大な時間を使用しなければなりません。私の感覚としては1週間以上はじっくり腰を据えて机に向かわなければ作れないと思います。
毎日ビジネスで忙しい皆さんにとってはそれだけ通常の仕事を放棄しなければなりません。

弊社をはじめとした資金調達のコンサルタントにお願いすれば、確かに費用はかかりますが、それだけ成功確率は高まりますし、何より時間の節約になります。
弊社の場合、3万円から事業計画の作成代行を承っておりますので、もしご興味がありましたらお気軽にご相談ください。

株式会社OPEN for
東京オフィス
東京都北区赤羽1-11-4アポー赤羽ビル506
TEL  070-6515-6006
MAIL  info@openfor.jp
代表取締役 五十嵐潤也

代表ブログ
事業計画書作成のコツや書き方、新しい補助金や助成金の情報、日々の業務の中の出来事などをブログに書いています。是非ご覧ください。
ブログはこちら