事業計画書作成代行 OPEN for

新規開業融資、銀行融資、事業計画書の書き方支援を格安にて対応

融資が通る創業計画書(国金向け)の書き方とは?

2016年08月03日

これから初めて独立開業をしたい、そしてその開業資金として融資を受けたい、と考える人がまず最初に資金調達先として考えるのは「日本政策金融公庫(通称 国金)」でしょう。
日本政策金融公庫から融資を受けるためには指定の「創業計画書」が必要となります。しかし、これまで創業計画書や事業計画書について触れたことの無い皆さんにとって、これを書くのはとっても難しいはずです。なので本日は独立開業を目指す皆さんが融資を受けるために必要な創業計画書の書き方について書いてきます。

ぶっちゃけて書いてきますので、気楽に参考にしてください。

①各項目は嘘は書かない、でも馬鹿正直にはならない

まずはあなたの個人情報や経歴、現在のお借り入れ状況などについてです。
これに関しては基本的に嘘は書かないでください。当然ですよね。ただし、なんでもかんでも書けば良い!という訳ではないのでご注意ください。例えば事業に直接関係は無いのに奥さんの情報や家族情報などは必要ありませんし、履歴書ではないのだから事細かに卒業校なども書く必要はありません。

②創業の動機は結構見られている

創業計画書の一番左上にある項目「創業の動機」ですが、これは結構重要です。
なんとなく起業したくて~、という理由よりある信念や自分だからこそこの仕事をしたい、という人を応援したくなりますよね?国金も審査する人は同じ人間です。自分だったらどんな理由の起業家を応援したいか、と考えると良いかもしれません。
でも中にはお金持ちになりたいから、とかサラリーマンとして仕事をしたくない、とかあまり前向きでない理由もあるかもしれません。そのような場合はなんとかひねり出してください笑
その土地で起業して仕事をしていく以上、少なからず地域の経済や社会への影響はありますし、事業を通じて誰かを幸せにしていくことがあるでしょう。そのような点を全面に出して記載すると良いです。

③分からない箇所は空欄でOK!

創業計画書の3番と4番が特にそうなのですが、これから仕事を始めるにのまだ支払条件とか決まってないんですが…みたいなことは当然ありますよね。と言うか、個人的にはこの項目は起業家にとって不親切だと思っています。
ぶっちゃけ、これから仕事をしていくのだから決まっていることの方が少ないのではいでしょうか?なのにここに書け!みたいなことを言われると書き方が分からなくなってしまいますよね。

ただし、ここの項目をきちんと書けると国金の評価は高くなると思います。
例えば、開業する前から一定水準以上の顧客を確保していたり、以前の職場から顧客を引き継げるようなことであれば、開業後すぐに売上の見通しがつきますよね?
金融機関は“安心”を求めています。その安心とは融資したお金がきちんと返済される、ということであり、そのためにはきちんと売上や利益が上がる仕組みが求められます。

計画書の3や4の項目は分からない場合は複雑に考えずシンプルにだけでも書いておきましょう。
例えば飲食店の場合は「個人客」への「飲食サービス」 「掛取引無し」くらいで問題はありません。もちろん、細分化して記載できる人はなるべく詳しく書いた方が良いです。

④創業計画書で一番重要な項目は「必要な資金と調達方法」

実際、そこまで細かく書く必要の無い創業計画書ですが、私が一番重要であると思っているのは7版の「必要な資金と調達方法」です。

これを初見で一発で理解できる人は会計センスのある人だと思います。
と言うか、これも起業家に対して非常に分かりにくい雛形です。なので完結に箇条書きでポイントを書きます。

・必要資金と調達資金の合計金額は同じにする
・日本政策金融公庫(国民生活事業部)からのお借り入れは「融資希望金額」を入れる
・概算で構わないので必要資金を左に入れていく。その際、大きなお金でないものはざっくりと「運転資金」にまとめてOK
・運転資金がたくさん欲しかったら、とりあえず左下のところに「その他運転資金○○○万円」と入れておく
・必要資金金額 - 融資希望額 を自己資金の箇所に記入

一応、上記を満たしていれば問題が無いケースが多いです。
重要なのはきちんと自分がどのくらい自己資金を準備しており、独立開業するためにはこれだけ資金が必要である、という点を把握していることを示すことになります。
自己資金以外にも親族からお金を借りる予定であればそれはそれで記載してください。

必要資金に関しては現時点では完璧でなくても大丈夫です。そして設備資金でなければならないもの以外は全て運転資金に振り分けた方が後々お得になる、ということは覚えておいた方が良いです。

⑤収支計画(事業の見通し)の書き方

最後の項目は事業の見通し、つまり事業の収支計画がどのようになっているかです。
ここでのポイントは、
①創業したての時は売上がゼロ円でも大丈夫
②軌道に乗って来た時にはきちんと利益が出ている&きちんと返済できている
という2つだけは最低でも押さえてください。

そして売上の算出をどのようにしたのか、経費はどのようになっているのかを右の欄に記載してください。
当然のことながらここの項目が甘いと公庫の担当者からめっちゃ突っ込まれるので覚悟していてくださいね。

ちなみに返済の利息は日本政策金融公庫の場合、通常1.8~2.0%くらいになることがほとんどです。

創業計画書とは別に詳細な事業計画書が必要

ぶっちゃけ、日本政策金融公庫の創業計画書は独立開業するための情報を網羅しているとは到底言えません。もちろん、この創業計画書+雄弁な面接が可能であれば融資は通りますが、それはなかなか簡単ではないですよね。
だからこそ、この資料にプラスしてあなたのビジネスを説明する書類を別途準備してください。

例えば、美容室を例に取ってみてもこの資料だけではそもそも女性向けなのか男性向けなのか、若い人向けなのか年配者にも対応するのか、カット技術が良いのかカラーやパーマに独自性があるのか、価格はどのくらいなのか、立地は、店のコンセプトは・・・などなど伝えられないことがたくさんあると思います。
そういった伝えられない情報を別に「事業計画書」としてまとめてください。

弊社の場合は創業計画書だけでなく事業を補足説明する「事業計画書」、さらに事業の見通しを裏付ける資料として収支計画表やキャッシュフロー計算書も作成します。

先にも述べた通り、日本政策金融公庫や銀行の担当者はあなたの事業に“安心”を求めています。
担当者にももちろんノルマがありますが、全然だめな事業には貸せません。「この事業なら安心してお金を貸しても帰ってきそうだな」「この社長なら融資を出しても安心できるな」などと“思わせる”資料作りが最も大切になります。

自分が金融機関の担当者だったらこの事業計画書に“安心できるか”と考えて作成してみることが、融資が通る資料の近道であると思います。

株式会社OPEN for
東京オフィス
東京都北区赤羽1-11-4アポー赤羽ビル506
TEL  070-6515-6006
MAIL  info@openfor.jp
代表取締役 五十嵐潤也

代表ブログ
事業計画書作成のコツや書き方、新しい補助金や助成金の情報、日々の業務の中の出来事などをブログに書いています。是非ご覧ください。
ブログはこちら