事業計画書作成代行 OPEN for

新規開業融資、銀行融資、事業計画書の書き方支援を格安にて対応

創業・第二創業促進補助金 2015年(H27年度予算)の採択率は?

2015年3月23日

来週(31日)が締め切りの「創業・第二創業促進補助金」(平成26年度予算分)、弊社でも今回多数のお問い合わせを頂き、いくつかご支援させて頂きました。ご依頼を受けた分はこれから事務局に提出する流れになるので、全て作成完了しており、弊社が代行させて頂いたもの全てが採択されることを願っています。

さて、今回は「平成26年度補正予算分」の創業補助金でした。
来年度4月以降には新たに「平成27年度予算分」の創業補助金の募集が開始されます。まだ正式発表されていないので詳細は不明なのですが、公募開始は4月上旬、募集期間は3週間程度となっており、今回よりもさらにタイトなスケジュールになることが予想されます。
しかし、今回の募集で間に合わなかった方は是非こちらに照準を合わせてじっくりと事業計画を練ってみるのも良いと思います。

ただし、一点非常に気になるポイントがあります。

それは、予算額が大幅に少なくなっていることです。

平成26年度補正予算分(今募集をしているもの)は50億円の予算がついていたのですが、平成27年度予算分では8億円まで減ってしまっています。
単純計算でも採択数は6分の1以下になることは明白でしょう。おそらく今までよりも採択率は非常に低くなることが予想されます。
創業補助金はここ最近では30%~50%の採択率で推移してきていましたが、27年度予算に関してはそれよりさらに低くなるかもしれません。もしかしたら10%くらいまでなるかもしれません…
少ないチャンスをものにするためには前もって入念な事業計画書を作っていく方がいいと思います。これまでの傾向から指定のフォーマット(様式)に変更はないでしょう。今公募されている様式を参考に今から作り上げるのが採択への近道だと思います。


個人的には27年度予算案がこれだけ減少してしまうのは、少し疑問ですね。政府としてはこれからもっと開業率を上げたいはずなのに、それをサポートする予算を減らしてしまうというのはちょっと…
また、年度によってこれだけ予算にバラツキがあると不公平に感じてしまう人もいるでしょう。もっと効率的で公平な予算分配をしてほしいな、と個人的には感じています。

株式会社OPEN for
東京オフィス
東京都北区赤羽1-11-4アポー赤羽ビル506
TEL  070-6515-6006
MAIL  info@openfor.jp
代表取締役 五十嵐潤也

代表ブログ
事業計画書作成のコツや書き方、新しい補助金や助成金の情報、日々の業務の中の出来事などをブログに書いています。是非ご覧ください。
ブログはこちら