全て代表コンサルタントが担当

VCやエンジェル投資家向けの事業計画書作成業務は全てのお客様を代表コンサルタントである五十嵐が担当させて頂きます。
最もクオリティの高い事業計画書を作成し、お客様の資金調達が成功するよう最善の努力をいたします。
日本一の事業計画書作成コンサルタントであると自負している五十嵐のサポートを5万円からの料金で対応させて頂きます。

> 料金プラン

投資家向け事業計画書に関するご相談

投資家向け事業計画書作成サービスは、「パワーポイントをベースとする事業計画書20ページ前後+5カ年収支計画+キャッシュフロー計画」をベースとし、さらに追加資料があれば肉付けをしていくことになります。

事業計画書の中身としては、以下のような形になります。
・ストーリー性があるビジネスプランの作成。
・売上や利益の算出根拠を論理的かつ明確に記述。妥当な収支計画の算定。
・競合企業を考慮した事業戦略を立案し、成長性を明示。
・投資家から出資を受ける金額の算定と明確な根拠。

スタートアップやベンチャー企業がVCやエンジェル投資家に提出する資料は多くの経験があります。

VC・投資家向け資料作成の流れ

1.まずは弊社フリーダイヤルorお問い合わせフォームからご連絡ください。ご依頼内容の概要等を確認させて頂きます。
2.メールにて依頼内容の確認をさせて頂きます。貴社の会社概要や資金調達金額やその使途、ビジネスモデル、将来ビジョンなどを確認します。
3.投資家・VC向け事業計画書の作成代行のお見積りを提示させて頂きます。
4.見積内容同意後、お打ち合わせ(Skype会議の場合も有り)をさせて頂きます。
5.お打ち合わせ後、平均3日以内に事業計画書として完成し納品させて頂きます。
6.必要に応じてその後のコンサルティング(面談同行や顧問契約)をさせて頂くことことも可能です。

(お客様にてご準備するもの)
・会社概要書
・決算書や試算表(設立前の場合は不要)
・パンフレット等
・事業内容を説明する上で分かりやすい資料
・プロトタイプ、試作品等

事業計画書の作成をなぜプロに依頼した方が良いのか?

あなたは、事業計画書の書き方を知っていますか?

事業計画書にはベンチャーキャピタルやエンジェル投資家が何を求めているのか、ということを理解した上でビジネスモデルの説明や会計の知識を活かした損益計画を作成する必要があります。
プロに依頼することのメリットは、何よりも“時間の有効活用”にあります。
事業計画書の作成には膨大な時間が必要になります。初めて事業計画書を作成する人の場合は、1週間以上はじっくり腰を据えて机に向かわなければ作れないでしょう。
毎日ビジネスで忙しい皆さんにとって、その貴重な時間を捻出できますか?

プロに依頼すれば確かに費用は掛かりますが、それだけ資金調達の成功率は上がりますし、何より圧倒的な時間の節約になります。
より“効率的に”ビジネスを展開する上でコンサルタントに依頼するメリットはあると言えます。

投資家向け事業計画書の作成例

以下は弊社が過去に投資家やVC向けの事業計画書の作成依頼を受けて作成した実績の資料です。
投資家向け事業計画書の作成例としての特徴は既にお客様にてある程度作成されたものがある場合はそれを土台としてボリュームを増やすことができる点です。事業計画書のデザインに関してもお客様のご希望に合わせて当社のフォーマットやクライアントのデザインベースなど柔軟な対応が可能です。

事業計画書作成代行サービスの特徴

アクセス

株式会社OPEN for
東京オフィス
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-2-14日本橋KNビル4F
(東京駅八重洲口徒歩3分)
TEL  0120-633-448
MAIL  info@openfor.jp
代表取締役 五十嵐潤也